カテゴリ:映画( 37 )

のぼうの城

c0101402_855876.jpg

「のぼうの城」が地上波で放送。

のぼう役の野村萬斎が、似合ってないと思ってたが、なんの、なんの!!
c0101402_855928.jpg


その脇を固める俳優陣が、これまたいい!!

戦のシーン、昔、読んだ光景が実写となって見れて、ビックリ!!

でも、あの水攻めのシーン、CGも駆使できるのだから、もう少し、なんとかならなかったのだろうか??
(特にオープニング)

あの秀吉の水攻めのシーンで、一気に、この物語に引き込まれるのに!!
c0101402_855928.jpg

c0101402_855746.jpg

姫役の榮倉奈々ちゃんだけが、チト、イメージと違った。
[PR]
by tatsu-t2 | 2014-01-06 08:03 | 映画

ゼロ・グラビティ 3D吹き替え版

c0101402_792565.jpg

「ゼロ・グラビティ 3D吹き替え版」を見てきた。

香川じゃ、ホント、3Dに関しては、吹き替え版しか上映しません。

でも、「ER緊急救命室」時代から、聞き慣れてたので、逆に嬉しかったです。

c0101402_791956.jpg

c0101402_791847.jpg

JAXAの人が見ても、唸る程の「無重力(ゼロ・グラビティ)」の表現。


そして、あの宇宙空間の表現が3Dで、更に、リアル感が増します。


宇宙空間で、作業してて、突然の事故発生、命綱無しの状態で、無限に広がる宇宙空間に放り出される2人・・・・・・
c0101402_791669.jpg

c0101402_791140.jpg

c0101402_79933.jpg

最近のCGのレベルが、凄いモノがあるのは、分かってましたが、ホント、これは「実際に宇宙空間で撮影したんじゃ??」って思えるほど。

c0101402_791268.jpg

c0101402_791548.jpg

c0101402_792144.jpg


「アポロ13」みたいな事故からの帰還もあるし、近未来に同様の事故が起こっても、おかしくない映画でした。

吹き替え版じゃない、2Dで、再び、見てみたいと思える程、いい作品でした。
[PR]
by tatsu-t2 | 2013-12-30 07:08 | 映画

劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇

c0101402_73818.jpg

劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇

とうとう、最終章です。

前編は、少しゆっくりとした感じでストーリーが進行。

逆に後編(爻(コウ)ノ篇)は、テンポよく進んでいきます。

毎回のごとく、謎を秘めたまま、次に続き・・・・
c0101402_70923.jpg

真っ白な衣装を着た、謎の人物「セカイ(向井理)」と「潤(大島優子)」は、SPECホルダーとは、別、第三勢力の人物かと思ってたら、なぁ~んや「SPECホルダー」やんかーー!!

完結なので、色々な謎が、解き明かされるのですが(SPECホルダーは、何の為、居るのか??等)

これが、またビックリというより、つまらない設定。

と、いうか、その設定なら、「なんで、変なSPEC持ってるヤツが必要なん??」って思ってしまいます。

ラストは、これまた・・・・・

c0101402_70739.jpg


こんなラストなら、何でもアリやーーーん!!


ヤフー映画でのレビューで、このSPECシリーズ、劇場より、TVサイズの時が、面白いと書かれてあったのが、頷ける作品でした。
[PR]
by tatsu-t2 | 2013-12-28 06:59 | 映画

パシフィック・リム 3D 日本語吹き替え版

レイトで「パシフィック・リム 3D 日本語吹き替え版」を見てきた。

c0101402_14492486.jpg


いゃ~ぁ、昼間のFMのゲストが菊池凛子さんで、彼女の口から「この映画で、初めて3Dの良さが出た映画だと思った、3Dでないと、見えてこない細かなシーンがあるし・・・」という言葉で、吹き替え版だが、仕方なく3Dを選びましたが、声優さんは、日本のオールスター、アムロ役の声優、シャア役の声優、綾波レイ役の声優(めぐさん)、上杉達也(タッチ)、コンボイ=オプティマス(玄田さん)等、最近じゃ、声優さんを使わず、有名な俳優を起用する昨今の中、あえて日本人が映画に出てるのに、声優に声を当てさせるなんて、粋な事、やってくれるじゃないですか!!


内容は、かなり凝ってます。


日本の特撮マニアの監督がメガホンを撮っただけはありますなぁ~♪


ロボットを大きく見せる為に下から見上げるシーンをリスペクトしてたり、ロボットとのシンクロシーンや戦闘シーンは、エヴァからリスペクトしたモノだろう!!

地底の裂け目から、「KAOJU」が出現し、それに対抗するべき、人類の英知を集結し完成させた人型兵器「イェーガー」当初は、圧倒的なパワーで倒してたのですが、「KAIJU」も次第に強くなり、一時は、30体以上あった「イェーガー」も4体だけになってしまい、その4体で最終決戦を行う!!
c0101402_14494471.jpg

日本のアニメでも同様だが、カッコいいシーンを見せられると、どんなデザインでも、いつの間にやらカッコ良く見えるものだなぁ~♪と改めて実感(これは、レース車両でも同様)

たぶん、もう、キャラクターモデル、本国アメリカじゃ流行ってるじゃないのかな??

c0101402_14514549.jpg

<第一世代機> ロシアのチェルノ・アルファ
何度も、ロシアに来た、「KAIJU」を撃破し、1回もロシアの地を踏まさなかった伝説の「イェーガー」の1機!!

c0101402_1451471.jpg

<第四世代機> 中国のクリムゾン・タイフーン
三つ子の兄弟がドリフト(シンクロ)し、操縦するので手も3つある「イェーガー」

c0101402_14495086.jpg

<第五世代機> オーストラリアのストライカー・エウレカ
現在、最強・最速の「イェーガー」

c0101402_14513473.jpg

<第三世代機> アメリカのジプシー・デンジャー
主役機です。
5年前の代物で、主役の「ローリー・ベケット」が再び、戻ってきたのを機に、修復された機体。

この最終決戦で、4体とも最後には失うのですが、好評だった為、もう「2」の製作が決定してるそうなので、今から楽しみでーーす♪
[PR]
by tatsu-t2 | 2013-08-14 14:48 | 映画

探偵はbarにいる

c0101402_19335867.jpg

地上波で「探偵はbarにいる」を見た。

c0101402_1934134.jpg

c0101402_1934027.jpg

主人公の「俺」が乗ってるというか、助手席で座ってる車は、ミツオカ製のボロい「ビュート」

発進する際、毎回、「ボワっ」と煙がマフラーから吹き出し・・・・

まるで、漫画だよ!!

c0101402_19335645.jpg

北海道札幌市の繁華街「すすきの」のバー「ケラーオオハタ」に入り浸る私立探偵とその助手・高田が、ある事件に巻き込まれながらもその真相を追っていく、ハードボイルドもの。

そう、北海道、ススキノの繁華街を縦横無尽に駆け回り・・・・
c0101402_19335441.jpg

ラストシーンは、栗本薫さんの小説「ぼくらシリーズ」を読んだ後と同じ感じで・・・・

主人公になった気持ちになり、少し切ない気持ちになってまいます。

流石、パート2が上映されるのも頷ける出来でした。
[PR]
by tatsu-t2 | 2013-05-13 19:33 | 映画

Red Tails


公開予定・・・・・・

無いのだろうか???????

c0101402_0221457.jpg

c0101402_0221657.jpg

c0101402_0221812.jpg

c0101402_0222091.jpg

c0101402_0222197.jpg

戦闘してるメッサーシュミットMe262が見てみたぁーーーい!!

Amazonのレビューを読んでると、この部隊が強すぎると書かれてあった(^O^)
[PR]
by tatsu-t2 | 2013-01-20 00:23 | 映画

踊る大捜査線 the final 新たなる希望

c0101402_11154256.jpg


「踊る大捜査線 the final 新たなる希望」 レイトで観てきた。

丁度、1ヶ月遅れで観てきた事になるんやね♫

今回も、すみれさん(深津絵里)が、警察を辞めようとするシーンがあり・・・・・・

青島君が、すみれさんに聞きます。
c0101402_10132662.jpg


「仕事。。。。。。。 辞めないよねっ」と・・・・・・・

自分的には、「踊る」もやめて欲しくないのにっ!!
c0101402_10132523.jpg


ファイナルなのか、あのコートを羽織るシーンも、いつもより多かったり、走るシーンも多いような気します。
c0101402_10131422.jpg


c0101402_10131024.jpg


にしても、この 「 the final 」新たに出演した人物が、今回の事件に大きく関与してたりと、このファイナルありきで、登場させてたのだろうか??

そうじゃなきゃ、今回の映画の脚本家って、凄い人って思ってしまいます。

c0101402_10131839.jpg


青島君が「仲間達!!」というメンバーが、どの人もカッコいいです。

署長の「鶴の一声」で、交通課の手伝いをしてる、内田有紀さん。

その婦警のコスプレが似合ってる、似合ってる。
c0101402_10131244.jpg


c0101402_10132269.jpg


久々に、室井さんの指揮下で、誘拐事件を解決する為に動き始めます。

もう、和久さん(いかりや長介)は、出てきませんが、あの「和久ノート」からの言葉が引用され、今でも、「和久さん」の存在の偉大さも感じれます。
c0101402_10132073.jpg


ストーリーの途中、何気なく、登場するモノ達が、ラストに向かい、一気に答えとなる場所になるなんて、心憎い演出!!
(まぁ、ラストは、無理矢理感もありますが、そこが「踊る」らしさでもありますね♫)

しかし・・・・・・、

これでラストなんて、勿体無い気がするなぁ~(ToT)
[PR]
by tatsu-t2 | 2012-10-08 00:12 | 映画

る ろ う に 剣 心

c0101402_047249.jpg


「るろうに剣心」、原作(漫画)を読んでなく、ただただ劇場での予告の迫力が凄かったので行ってきました。
c0101402_033529.jpg


監督は、あのNHKの大河ドラマ「龍馬伝」の大友啓史監督。

なので、それを思わせる雰囲気が、開始早々から、見え隠れし。。。。。

殺陣(たて)のシーンも圧巻!!

「龍馬伝」とは、違い、チャイニーズ映画の「三国志」等を思わせる動作(ワイヤーアクション)をしながら、敵の攻撃をかわしながら、斬り殺していきます。

そんな「人斬(き)り抜刀斎」として恐れられた剣客・緋村剣心(佐藤健)は「不殺(ころさず)」の誓いのもと流浪人となっていた。
c0101402_034036.jpg

ふと立ち寄った街で「抜刀斎」を名乗る人物「鵜堂刃衛」役(吉川晃司)による人斬(き)り事件が起こってて。

それを雇ってる大金持ちの事業者が、今回の黒幕です。

その黒幕達に対し、剣客・緋村剣心が、再び、剣を使い、人を斬るのか??
c0101402_0335558.jpg

それとも、「不殺(ころさず)」の誓いで、大切な人を守れるのか??

ヒロイン役の武井咲ちゃんって、瞳が凄く輝いてるって、再認識しました。

タイプの顔じゃないけど、CM等で見かけても、思わず見入ってしまいます。
c0101402_0335747.jpg


c0101402_0335394.jpg


原作を読んでる人にとっては、「あの時間で纏めるには、少々無理があった」って言ってましたが、じゅうぶん楽しめる映画でしたぁ~♪
[PR]
by tatsu-t2 | 2012-09-09 00:28 | 映画

アベンジャーズ

興行収入が、早くも全米第三位になってる話題の映画「アベンジャーズ」をレイトで見てきた。

最近、アメリカ本土でも、アメコミの実写がブームなのか、毎年1作は、新たなアメコミ映画が上映されますね。

しかも、どれも爽快!!

と、書きつつ・・・・・

ここに登場する「第2次世界大戦の超人兵士キャプテン・アメリカ」、「北欧神話の世界から抜け出してきた雷神ソー」

「怒りに駆られて暴れはじめると誰にもとめられないはた迷惑な超人ハルク」と、どの映画も見てない。
c0101402_0415136.jpg

c0101402_0414697.jpg


見てるのは「鋼鉄の鎧をまとった無敵のアイアンマン」の1ぐらい。
c0101402_041439.jpg


そして、異次元から飛来する強敵と立ち向かう国際平和維持組織&スーパー諜報機関「シールド」も「雷神・ソー」に登場した機関!!

その「シールド」の長官「ニック・フェーリー」が、最も危険事態になった時の計画が、この「アベンジャーズ計画」だったのだ!!

敵は、「雷神・ソー」で登場した、義弟の「邪神・ロキ」

この「ロキ」だけじゃ、最強メンバー「アベンジャーズ」に敵う訳ないのですが、それを彼を利用する敵も加わり、死闘となります。

この「アベンジャーズ」、最初から上手くまとまるマズもなく、最初は味方同士の死闘まで繰り広げる始末!!

どの映画のヒーロー好きにも、公平にする為、監督ジョス・ウェドンはそれぞれのヒーローに見せ場を用意してます。

しかし・・・・
c0101402_0414823.jpg


人類最大の敵という割には、デザインもショボく、よく見かけるようなデザイン(CGで描きやすいデザインだと、こうなるのか??)、敵が来る場所も、すごく限定された場所(^O^)
c0101402_041543.jpg

c0101402_0415219.jpg


核ミサイルで最終的には、迎撃する案が登場し、発射されるのですが、これで勝てるなら、最初から使った方が、良かったんじゃ・・・・(^O^)
[PR]
by tatsu-t2 | 2012-08-29 00:39 | 映画

トイストリー3

c0101402_13311866.jpg

地上波で「トイストリー3」を見た。

オープングのシーンは、子供達が、おもちゃを使い、独自のストーリーを展開!!

それを映像化してるのですが、それだけで短編になりそうな面白さ!!
c0101402_13304183.jpg

そんな第1作目から10年後。

おもちゃ達の持ち主であるアンディは17歳になっていて、おもちゃと遊ぶことからは卒業している

。そして、もうすぐ大学に進学しようとしている。

アンディは引っ越しに際して、長年のお気に入りだったカウボーイ人形のウッディだけを持っていき、アクション人形のバズをはじめとする他のおもちゃたちを屋根裏にしまうことを決めた。
c0101402_13304447.jpg

幸か不幸か、他のおもちゃ達は、託児所「サニーサイド」に預けてしまう事になる。

以前、託児所での乱暴な遊びを知ってる、ウッデイは屋根裏に戻る事を説得するのですが、託児所に留まる事を強く決意するのですが、割り当てられた教室は、乱暴に扱われるクラス。

数日で壊され、廃棄処分になるようなクラス。

ウッデイだけ、託児所から抜け出すのですが、その真実を、偶然拾われた少女ポニーの家に住む、おもちゃから聞かされ、助けに行く事に!!
c0101402_13304447.jpg

ウッデイの立てた作戦で、巧く抜け出せれそうになるのですが、そこは映画!!

後、1歩の所で、今度は、全員、廃棄施設へ!!

彼等の行く先は、果たして・・・・
c0101402_1330396.jpg

この映画(シリーズ)を見てると、ホント、おもちゃを大切にしたいと思える、温かい映画になってます。

最近、パッケージを開けず、飾ってるのも、おもちゃの為には、いけないと思ってしまったり・・・・

やっぱり、おもちゃって、一緒に遊んでもらい、その真価を発揮できるのでしょうね。

子供達の想像力をかきたてる様に!!
[PR]
by tatsu-t2 | 2012-07-15 01:30 | 映画